ワイヤー三昧
2003.6.6
ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出・作詞・作曲の
ミュージカル Don't trust over 30を観る。

ん〜、まとももなミュージカルじゃないとは思っていたけど・・・(笑)
井上順が踊り ユースケが飛ぶ・・・「たま」が唄い奥菜恵が飛ぶ・・・
そんな感じ。

客席のまん中くらいで観てたんですけどね
ラストの盛り上がるトコで主役のユースケが客席まで走って来る演出があって
突然目の前に現れたのにはビビりました(ホントに目の前さね!)
そしてもっとビビったのが、その直後に
ワイヤーでユースケが舞台まで一瞬で飛び戻ったんです!!

今更ワイヤーごときで何言ってんだよ、歌舞伎が空飛ぶ時代だよ? って、思うかも知れないですけど、いざ目の前で何の前触れも無く突然飛ばれるとね、何か超常現象を目の当たりにしたみたいで、うぉ〜すげ〜!! 俺も飛びてぇ〜! って思いますよ、ホント。

近所のおばさんに道ばたで挨拶して、その直後
おばさんが超低空飛行で家まで帰ったとしたらさ、たとえワイヤーが
見え隠れしててもビビるでしょう?
(近所のおばはんにワイヤー付いてる時点でビビれ!)

チケット購入が遅かった為に限り無くA席に近いS席になり「すげー損した気分だよ〜」って言ってたんですけどね。終わった頃には「すげー得した気分だよ〜」って言ってました(笑)